07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.18 (Thu)

夏の誘惑Ⅱ

Ⅰのつづきです。








「みっともない!みっともない!みっともないーーーーー!!!!」

立ち入り禁止区域に響く老師の声。窓ガラスを割りそうなほどの大声に、夕鈴が顔をしかめた。


「うるさいですよ、老師。ここは立ち入り禁止区域です」

赤い顔で憤慨する老師に対し、冷静に返す夕鈴。その様子を見て、さらに老師が叫んだ。


「みっともない!!!」

「わっ分かりましたよ。一体何がみっともないんですか!?」

両耳を塞ぎながら、夕鈴が怒声を上げる。


「その格好じゃ。一体なんじゃ、その格好」

「あっこれですか?いいでしょう?」

ふんふんと鼻歌を口ずさみながら、夕鈴がふわりと一周舞った。
裾も丈も長いいつも掃除婦衣装を改め、夕鈴は新たな衣装を身に纏っていた。ひざまでの短い下裳と、丈の短い一枚の上衣。幾重にも重ねて身につける後宮の衣装とは打って変わって、驚くほどの軽装ぶりであった。


「良くない!妃がなんちゅう格好を…」

「今は妃じゃありませんよ」

「同じことじゃ。若い娘御がそのような格好…世も末じゃ」

わんわんとおおげさに泣き声をわめき散らし、老師が目を伏せた。どうせ嘘泣きだと分かっていたが、一応労りの言葉を投げる夕鈴。


「泣くことないじゃないですか。ただの衣替えですよ。こうすると涼しいかなぁ…って」

「そちは阿呆じゃ」

老師の言葉ぶりに、顔を曇らす夕鈴。阿呆って誰がよ!と声を大にして訴えたかったが、これ以上泣かれては面倒なので黙したままであった。


「そのように裾をまくりあげて、恥ずかしくはないのか?」

「そ…それは」

そんなこと言われたらちょっと恥ずかしくなってきちゃったじゃない…夕鈴はひざまでまくった下裳の裾を少しだけ下げた。
足を出して歩くことはみっともないとされていたが、少しぐらい大目に見てくれてもいいじゃない…夕鈴はぶつくさ文句を言う老師をやぶにらみする。


「別に足がすべて見えるわけじゃないし…この格好の方が暑くないし、いいんですよ」

「しかも上衣も身に着けず、一枚の着物だけとは…あぁ!嘆かわしい!妃ともあろうものが、まるで童子ではないか!」

当たらずとも遠からずのような…元は庶民出だし、ひらひらした妃衣装を纏っていなければ、十中八九下働きの童子だと思われるだろう。


「だから今は妃ではないと…」

「嘆かわしい、嘆かわしい…」

ぶつぶつぶつ…いつもに増して嫌味を連発する老師を横目に、夕鈴はため息交じりに掃除を始めた。天井のモップ掛けも窓枠の拭き掃除も、いつもより身軽になった分、はかどっていた。

掃除に精出す夕鈴の傍らで文句を言っていた老師は、一旦静かになったかと思うと、今度はしくしくと泣きだした。
さすがに無視し続けることにはばかれて、夕鈴は優しく声を掛ける。


「そんなにダメですか…この格好」

いいと思ったんだけどな…泣くほど否定するぐらいならば、装いを改めるしかない。


「……」

老師はみなまで聞くことなく、コクリと頷いた。


「ダ……」


バンっ!!!
突然響く衝撃音と同時に、勢い良く開け放たれた扉。扉から伝わる激しい振動にビックリしたふたりは、慌てて飛び退いた。


「な…何?」

逆光の中に仁王立ちする長身の人物。急に現れた誰かに驚いた老師が、床をころころと転げまわる。


「ダメじゃない!」

「………は?」

もしかして…目を凝らした先にいた人物は、陛下だった。


「陛下!」

「な…何?陛下じゃと」

死んだふりよろしく床を転げまわっていた老師は、夕鈴の言葉にすばやく身を起こすと深く拝礼した。


「おぉ…我が君。なぜにこのような所へ…」

「夕鈴。その格好、良く似合っている」

「……え?」

何言ってるの…まだひざを床に付けたままの夕鈴が、疑問いっぱいで陛下を見上げた。そんな夕鈴へ陛下は不敵に笑い掛けると、手を取って起き上がらせた。


「暑い夏こそ快適に過ごさねば。軽装は私も賛成だ」

にっと笑いながら、陛下が呟く。


「聞いて…いたんですか?」

「あぁ…」

どっちが怒っているのか分からないふたりの抗争は、回廊の端まで聞こえて居て、もちろん陛下の耳にも入っていたのである。


「だからダメではない。老師よ…妃が夏バテでもなったらどうする?涼しい格好をして何が悪いのだ?」

「お言葉ですが…しょうしょう露出が多めかと。あまり妃にふさわしくありません」

「……」

老師の言葉に首をひねりながら、それもそうか…と陛下は囁く。


「では私の前でだけではよかろう」

「!?」

陛下の前でだけ…?それって…。夕鈴の脳裏に嫌な予感がよぎる。


「それならば大丈夫です」

即答する老師に度肝を抜かれる夕鈴。
ちょっと!言ってることが違うじゃない!じっとり睨む夕鈴であったが、老師は素知らぬ顔のままであった。夕鈴の視線を完全に無視している。長いものには巻かれろというが、巻かれすぎである。


「では…」

陛下は満足気に微笑むと、軽々と夕鈴を抱き上げた。急に反転する景色に眩暈を起こしながら、夕鈴は小さく叫び声を上げる。


「これは返してもらうぞ…」

「はは」

この展開前にもあったような…見送る老師の嬉しそうな顔を見ながら、ずんずん進む陛下の腕の中、身動きできない夕鈴であった。
















「夕鈴、どうしてそんな渋い顔なの?」

やんわりと子犬陛下が尋ねた。
後宮の妃の部屋へ帰って来たふたりは、侍女が用意してくれたお茶を囲みながらおしゃべりしていた。

陛下の指摘を受けて慌てて渋顔を解く夕鈴。だけどやっぱり面白くなくて、謝罪しながらも訝し気な表情を浮かべるばかりであった。


「何か怒ってるの?もしかして…老師のこと?」

「別に怒ってませんが…ちょっと気に入らないんですよ。老師ってばあんなに否定してたのに、ころっと意見を変えて…」

「はは、そんなこと」

愉快気に笑う陛下に対して、夕鈴がぶつぶつ小言を言う。


「だって!陛下がいらっしゃるまで、ダメだダメだって泣くほど否定してたのに…陛下の前でならいいって…」

またしても思惑たっぷりの老師の言葉に、夕鈴は憤慨した。


「まぁまぁ夕鈴、落ち着いて」

困った表情を浮かべて、陛下が夕鈴をなだめる。


「なんにせよ良かったじゃない。新しい衣装もこれで難なく着れるしね」

「それは…そうですが」

「そうだ!この際だから妃衣装ももっと身軽で薄いものにしようか」

ルンルンと嬉しそうに提案する子犬陛下を見て、夕鈴がクスッと笑った。めんどうできっちりした衣装を好まない彼の性格は心得ている。


「陛下が薄着したいだけでは?」

ふふふ…と夕鈴が笑った。


「あれ、バレた?」

つられて陛下も笑う。


「王の衣装も夏に向けて改めようかな…こんな暑苦しい衣装着てたら、仕事の能率が下がるよ」

「そうですね。私より陛下こそ薄着にするべきですよ」

「それはダメだよ。君がしなきゃ意味がない…」

「は?どういう意味ですか?」

「さぁ…どういう意味かな」

「???」

意味不明な発言を呟く陛下の顔はとてもにこやかで、夕鈴は思わず言葉を失う。
そんな嬉しそうな顔されると何も言えなくなるじゃない…子犬陛下の笑顔には質問を封じ込める力があるに違いない、甘い表情に少し赤面しながら、複雑に見つめ返す夕鈴であった。














それより数日後。
妃用の夏衣装が出来上がったという侍女の言葉を受けて、さっそく夕鈴は試着することになった。

羽のように軽い衣装を身に纏い、姿鏡の前に立った夕鈴は、そのデザインにとても驚いた。


「こ…これは」

「まぁ!良くお似合いですわ。さすが…陛下のお見立てどおりですわね」

「え?陛下の?」

「お妃さまのために用立てられましたの…」

変に上擦った声を上げる夕鈴を、侍女はにこやかに返した。


「そ、そうなのですか…でも」

「でも?」

「ちょっと…」

「?」

いや、かなり…薄すぎる!?
とても薄くて身軽で確かに暑い夏でも乗り切れそうな衣装だけど…薄すぎる。肩のあたりなんて透けて肌が見えている。袖も短くて、二の腕まで丸見えだ。さすがに人前でこんな衣装は着れない。


「薄すぎない…?」

「そうでしょうか?」

「そうよ!!だって…」

腕も肩も丸見えじゃない!叫ぼうとした矢先、誰かの声にかき消される。


「なんと…愛らしい」

「!?」

え…?突然後ろから降って来た低い声。侍女と一緒に振り返ると、扉に寄り掛かる形で腕組みをしていた陛下が、こちらを見つめていた。


「陛下!」

慌てて拝礼する侍女を横目に、陛下がゆっくりと近づいて来た。


「!?」

ちょっとちょっと!着替え中よ!出て行って!!!一生懸命目配せする夕鈴。だがそんな目配せが通じる相手ではなかった。


「やはり思ったとおりだ。とても良く似合っている。なんと愛らしい…」

などと赤面もののセリフを吐いて、そっと抱きしめて来た。もちろん夕鈴には手も足も出せない。きゃーきゃー心のうちで叫びながら、陛下の甘い演技に耐える。

陛下は満足気な笑顔で、夕鈴のリンゴのように真っ赤な顔を覗き込むと、目を細めた。


「夏の衣装…気に入ったか?」

「……は…はい」

無理やり声を絞り出し、夕鈴は何度も頷いた。
恥ずかしい!も~~~早く侍女を下げて。夕鈴の返答にさらに満足気に笑うと、陛下はやっと左手を上げて侍女を下げた。退出する侍女の後ろ姿を眺めて、ほっと安堵の息を吐く。


「本当に…愛らしさに言葉を失う。このままどこかへ連れ去ってしまおうか…」

夕鈴のあごへ手を添えて、陛下がゆっくりと顔を近づけて来た。夕鈴はこれでもかと背を反らして、陛下のセクハラに応戦する。


「へへへへ陛下。演技終了です!!は、離してください!!!」

陛下はちぇっと舌打ちすると、夕鈴を拘束していた腕を解いた。解かれたと同時に夕鈴は俊敏な動きで陛下から離れると、警戒色を濃くした瞳でぎろりと睨む。


「一体何のつもりですか!!!」

「何のって…何が?」

「とぼけないでください!この衣装です!」

夕鈴は自らの胸をバシッと叩いた。激しく叩きすぎて少し咳き込む。そんな様子に愉快気に声を上げる陛下。


「面白すぎるよ…夕鈴。やっぱり君はいいね。愛らしくってさらに面白いなんて…最強だ」

「ちょっと!何ごまかして…ごほごほ」

「あ~ダメだよ。落ち着いて」

陛下は慌てて手を差し伸べると、咳き込む夕鈴の背中をゆっくり撫でた。


「慌てて話さなくても私は逃げない。こんなに魅惑的な妃の元から立ち去るわけないではないか」

「演技やめてくださいってば!」

「演技じゃないんだけどね」

子犬陛下は艶っぽい表情を浮かべる。途端に跳ねる夕鈴の心臓。
騙されちゃダメ…あれは演技演技演技。ぶつぶつ呟きながら暗示をかける夕鈴の奇妙な姿に、また陛下が声を上げて笑った。

ひととおり笑い終えると、陛下は夕鈴の両手をとった。


「さて、夕鈴。落ち着いたところで庭を散歩しようか」

陛下の提案にぎょっとする夕鈴。こんな恰好で外へなんて、冗談じゃない。


「遠慮します」

即答する夕鈴の手をおかまいなしに引っ張ると、陛下は歩き出した。


「陛下!」

「大丈夫。後宮なら侍女と女官しか居ないよ。別に他の男が居るわけじゃないし…恥ずかしがることないよ」

そうは言っても恥ずかしい。歩きながら腕やら肩やらに視線を送ったが、薄絹が透けていることに変わりはなかった。


「せっかく用意した衣装。外でも着て欲しい。ダメ?」

秘儀とばかりに上目遣いの子犬陛下が、お願い事を口にする。可愛い子犬陛下に簡単に折れてしまうのは、夕鈴の直さなければならない性格である。


「ダメ…じゃないですけど」

「じゃあ決まり!」

行こう!陛下がぐいぐい夕鈴の手を引っ張って、夏の陽射しが降り注ぐ外へと飛び出して行った。
眩しい光に目を細めると、隣の陛下も目を細めて太陽を見ていた。

今日も暑くなりそうだ。


「あっそうだ…夕鈴。ひとつだけ約束して」

おもむろに話し出す陛下に、夕鈴は首をかしげた。


「はい?」

「本当に良く似合っていて素敵なんだけど…その衣装は後宮以外は着用禁止ね。僕以外の男に見せるのは絶対禁止」

明るい陽射しの下、にっこり微笑む陛下の表情に不覚にもドキッとしてしまった。
火照る顔をいつも隠していた長い袂は今はなく、夕鈴は所在なげに片手で顔を覆うと、目を反らしてこくりと頷く。


「じゃあ行こうか」

ふたりは手をとる。


夕鈴の薄絹の衣装が爽やかな風に舞っていた。









二次小説第58弾完了です
今回は、夏バージョンです!夏の衣替えで薄着になった夕鈴の姿に、陛下は何を思うのかなぁ…とふと思い書きました。夕鈴の水着姿とかミニスカート姿とか、陛下かなり見たいでしょうね。目のやり場に困る…とかなんとか言いつつもしっかり見てると思います(笑)腰が細くって、胸もおそらく大きい抜群のプロポーションの夕鈴なので、かなり似合うでしょう☆小説に出てくるような二の腕を出した夏着物を、本作でも着て欲しいです~終始ドキドキしっぱなしです、陛下が
盆も過ぎましたが、まだまだ暑いですね…冷房なしでは小説は書けません!脱節電宣言です~弱い自分が情けない…残暑も厳しい夏ですが、体調等崩されないようにしてください。



スポンサーサイト
21:21  |  真夏編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.18 (Thu)

夏の誘惑Ⅰ

夏の誘惑

暑い夏にぴったり(?)です。
夕鈴目線で少し長めになっております。

ではどうぞ。














今日も今日とて後宮のお掃除。
狼陛下の臨時花嫁、汀夕鈴は後宮の立ち入り禁止区域の一角で、朝から掃除婦バイトに勤しんでいた。


「ふう…完璧」

後光が射すほどピカピカに磨かれた床を見て、夕鈴は感嘆のため息を漏らした。


「あとで陛下にも見てもらわなくっちゃ」

満足気にひとり微笑むと、使い切ってボロボロになったぞうきんと水桶を手に、来た道を引き返す。その途中で、逢いたくないランキングトップ3位に入る人物と遭遇してしまったため、夕鈴の晴れ晴れとした気持ちは一気に冷めてしまった。

長く続く回廊の先に、柳方淵が居た。

げ!なんで奴がここに…。

何度も確かめたが、回廊の先に居るのは間違いなく夕鈴の天敵、柳方淵その人だった。

夕鈴は慌てて回廊の端へと寄る。
分かれ道もなく、室もないこの回廊では、不必要に避けては怪しまれること必須だった。心の中で舌打ちしながら、夕鈴は腰を折って軽く頭を下げ、方淵が過ぎ去るのを待つ。
目の前を通り過ぎようとしたとき、方淵の足が目の前でぴたりと止まった。

まさか…バレた!?

掃除婦バイトは臨時花嫁バイトの次に知られてはならない重要秘密である。空耳に違いないが、どこからか怖い上司の怒鳴り声が聞こえたような気がして、夕鈴は身をすくめた。


「後宮の掃除婦か?」

方淵の冷たい低い声が回廊に響く。夕鈴は上擦る声ではい…と頷いた。念のため声質を変えようと変な声を出したため、方淵の眉根がぴくりと上がった。

ま、まずいわ…夕鈴はどぎまぎ焦りつつ、今度は極めて冷静に、老師の指示にて立ち入り禁止区域の掃除をしておりました、と答えた。


「なるほど…」

方淵はとりあえずは納得すると、夕鈴へと視線を送る。ひやひやしながら、夕鈴は会釈を続けていた。


「灯篭のろうそくの消耗が早いようだ。後宮のあちこちの明かりが消えている」

「え?」

灯篭のろうそく?思いがけない発言に、夕鈴は顔伏せを忘れて方淵を見つめた。突然顔を上げた夕鈴を訝し気に眺めると、方淵は続けた。


「後宮管理人の姿が見えぬので、そちに申し付ける。きちんと管理をなされるよう申し伝えよ」

慇懃な物言いに若干ムッとしつつも、夕鈴は素直にはい…と答えた。


「あと…」

「?」

まだ何かあるのか…?夕鈴は自然に出てしまう嫌悪感をなるべく隠しながら、方淵へ鋭い視線を送る。きっと心底嫌そうな表情で居るに違いないが、改めることは出来なかった。一方、方淵はと言うと夕鈴にも増して嫌悪感まるだしで、まるで苦虫を噛み潰したかのような表情を作っていた。

下っ端に対しての侮辱的な視線に怒り心頭であったが、なんとしてもバレるわけにはいかない。拳をぎゅっと握り締め、必死で耐える夕鈴。


「ここは後宮だ。いくら掃除婦といっても身だしなみ等には気を付けるべきであろう」

それは私の身だしなみが悪いっての!?確かに薄汚れていて服のところどころは擦り切れているが、それは掃除をより頑張った証拠。あんたに言われる筋合いは毛頭ない。

反論しようと口を開きかけたが、ぐっとこらえる。
方淵の嫌味より、鬼上司の怒りの方が百倍怖いのである。


「申し訳ありません」

「申し訳なく思っているなら、今すぐ改めるべきだ」

「お言葉ですが…」

もう怒った!夕鈴は伊達めがねの奥から天敵を睨みつける。戦闘態勢モードに入った夕鈴を止める術はもはや無し、夕鈴は反論の言葉を心に浮かべる。


「私は掃除婦です。掃除をしていれば汚れるのは当たり前です。しかもここは立ち入り禁止区域、本来ならば誰も通らない回廊です」

あなたが何の目的でここに居るのかは存じませんが…ここまで言おうかと思ったが、かろうじて理性が止めた。


「掃除での汚れならば良い。だがその上衣は何か…?」

「上衣?」

思いがけない指摘に、方淵の指差す方をゆっくり見つめる夕鈴。


「!?」

そこには大きくめくれ上がった夕鈴の上衣があった。上げ過ぎて下裳が丸見えになっている。慌てて裾をひっぱり元通り下裳を隠す。
しまった!掃除のとき、暑いし邪魔だからめくってたのをすっかり忘れてた。


「し、失礼しました…」

赤面顔を伏せると、足早に回廊を駆ける。去り際に方淵の呆れたため息が耳に聞こえて、火を噴きそうなほど恥ずかしかった。















「失態失態…今日は厄日だわ」

まだ収まらない赤面顔のまま、夕鈴は呟く。
真っ赤な顔で自室へ戻って来た夕鈴を心配して侍女が淹れてくれたお茶を飲み、ほっと息をつくと気分がましになった。

こともあろに方淵なんかに失態を見られていたとは…。


「だいたい、あの服動きにくいのよね…」

妃の礼服よりははるかにましだが、後宮で用意された服のため、いちいち長い裾が掃除の邪魔になることが多々あった。


「もっと薄着で動きやすくて…」

夕鈴のイメージする格好は、もちろん下町時代によく着ていたもの。でもそんな服が後宮にあるわけないし…。

お茶を片手にぶつぶつ独り言を連発する妃へ、遠慮がちにかかる声。


「あのう…お妃さま」

「え……?何ですか?」

椅子に腰掛けたまま見上げると、心配そうに覗きこむ侍女の瞳がそこにあった。気づかなかったが、どうやら夕鈴の独り言の最中、ずっとそばに居たようだ。


「き…聞こえてた?」

「はい、少し。薄着がどうとか…もしかして、今の服が暑いのでしょうか?」

尋ねながら不安気に表情を曇らす侍女。


「いえ、そうじゃないの…」

夕鈴は慌てて憂い顔を解くと、上品な妃笑顔を浮かべた。


「季節も初夏に近づいて参りましたし…もう少し薄絹のご衣裳を用意いたしましょうか?」

侍女の言葉に、夕鈴は格子窓から外の景色を覗いた。夏の入道雲がさんさんと照りつける太陽を反射し、後宮の庭を眩しさで染めている。
最近また暑くなって来たようだ。日を追うごとに気温が高くなる後宮で、涼を取るとこがなかなか難しくなって来た。


「そうですね…そろそろ暑くなって来ましたし」

夏は嫌いじゃない。
うだるような暑さは苦手だが、夏がもたらすたっぷりの陽射しと、夏の草の香りが夕鈴は好きだった。この陽射しの下、本当は外を思い切り駆けまわりたいけれど、妃である夕鈴にはそれは出来ない。結局、日頃のうずうずした気持ちを掃除にぶつけて頑張ってしまったために、柳方淵からお叱りを受けることになってしまったのだ。


「ではさっそくに」

侍女はにっこり微笑むと、妃の部屋を退出した。
立ち去る後ろ姿をぼんやり眺めながら、夕鈴はふと思う。


「そうだ。掃除婦バイトの服ももっと薄いものにしたら、より動きやすくなるんじゃないかしら…」

自らの良案にすっかり満足した夕鈴は、勢い良く立ち上がる。


「そうと決まれば、善は急げよ!」












午後の微睡み垂れる昼下がり。

うるさいぐらい響く虫の鳴き声と、高くなった陽射しの中、陛下は後宮へと向かっていた。
見るからに暑苦しい濃紺の衣装をしっかり着込み、足早に後宮回廊を進む。涼しげな顔をしていたが、額にはうっすらと汗をかいていた。
王宮での政務を執るときは、きちんとした格好をしていなければならない。夏だろが冬だろが関係なく、裾のたっぷりある王族の衣装を纏い、謁見など客に逢う場合などは頭に冠をかぶらなければならない。

ぱたぱた…と熱の籠った上衣の裾から空気を送り込むと、陛下はほっと息を吐いた。

暑いことこの上ない。初夏だと言うのにこの陽射しは何か。


「これは早々に衣替えをしなければならないな…」

小さく呟くと、歩みを止めた。すでに目的地である妃の部屋の扉の前に立っていた。
今日は冷茶でもてなしてもらおう…など考えながら、大きく扉を開けると、妃付の侍女が出迎えた。さっと上衣を脱いで侍女に預けると、夕鈴の待つ居間へと向かう。


「妃よ…今帰った」

早く彼女の笑顔を見て疲れを取りたいと考えていた陛下であったが、思惑に反して夕鈴の姿はそこには無かった。


「妃は…どこだ?」

尋ねると、申し訳なさそうに侍女が拝礼した。


「老師のところへ向かわれました」

「老師の?朝から行っていたのではないのか?」

「一度戻られたのですが。再度向かわれまして…」

慌てて…という言葉は心に収めて、侍女は答える。


「なるほど」

まったく納得はしていなかったが、とりあえず頷くと左手で侍女を下げる。


「さて…このまま待つか。それとも迎えに行くか」

とっくに答えの出ている問いかけを繰り返しながら、陛下は出口へと向かっていた。







Ⅱへつづく。

21:18  |  真夏編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。