09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.04 (Wed)

優しい嘘

「優しい嘘」



「星の夜にはあふれる嘘を」初二次小説です
可歌先生の作品の中でも、本当に大好きで、思わず書いてしまいました。
短編で、ルグオーツ目線。


ではどうぞ。









***************

初めて逢った君は、はかなくて繊細だった。
間違って触れてしまったら、濃い闇の中簡単に溶けて壊れてしまいそうなほど。


人々のざわめきと騒がしい音楽が鳴り響く中、君はひとりバルコニーに立ち尽くしていたね。


その横顔があまりにも僕の心を捕らえて離さないから。こんな気持ちは初めてだから。

本当に戸惑ってしまって視線を伏せた瞬間に、君を見失った。


まるで羽根をはやした妖精のように、一瞬で消えてしまったんだ。



二度目に逢った君は、父親思いの優しくて強い女性だった。
冗談と嘘で塗り固めた僕の前でも、決して意志を曲げようとはしない芯の強さは、正直うらやましかったよ。


僕の中で生まれた感情が知りたくて、僕は何度も君の元へ足を運んだ。


君に逢うたび君が見せる、優しく笑う顔や、恥ずかしそうにうつむく表情や、戸惑うように伸ばされた手。


僕が見る君は、本当にキラキラと輝いていたから、あの夜の星空よりも美しく瞬いていたから、僕はドキドキを抑えるのに必死だった。



君の笑顔を見るたび思う。

君はあのとき涙を流してはいなかっただろうか。

君はあのとき傷ついてはいなかっただろうか。


君の受けた悲しみや苦しみ、どうしても取り除きたくてついた嘘。
君の本当の笑顔が見たくて、話した冗談。


本当はあのとき言いたかったんだ。あの星の降る夜に、君が心の底から笑えるような冗談を。


ティルナ、僕はずっと気づかないふりをしていた。
僕の中で生まれたこの気持ち。君へ向かうどこまでも真っ直ぐな気持ち。


だってこの歳で一目惚れなんて…恥ずかしいだろ。


でも、君に逢うたび確信に変わっていったから、もう気づかないふりは出来なかった。


あの夜のことは忘れない。

君という、かけがえのない存在に出会えた奇跡。

神様なんて信じてないけど、どうしても誰かに感謝せずにはいられない。

いっそのこと…女性を見る目がなくて、ついでに言うとスカーフの趣味がかなり悪い元婚約者殿に感謝したらいいのかな…なんてね。

***************





僕は文字を書く手を止め、筆を置いた。
揺れる船室で書き始めた手紙は、すでに長文になっていた。


「ちょっと長すぎたかな…」


伝えたいことがたくさんありすぎて、彼女への手紙はいつも長くなる。

彼女に初めて逢った頃より約半年。この船旅もそろそろ終わる。

今度こそ、去り際に言った求婚の返事をもらいに行こう。


伯母からは、毎日のように結婚の報告はまだか…とせがまれている。結婚するのは僕たちであって、伯母ではないのに。それだけ彼女が気に入ったってことかな。


僕は窓から海を眺めた。穏やかに順調に航海は進んでいる。

君に逢える日も間近。

君に逢ったらなんて言おう。
やっぱりベタに『逢いたかったよ』かな。いやいや…ここは、『逢いたかったよ、僕の妖精』かな。

やっぱり、真っ先に君の笑い声が聞きたいからね。


僕の冗談に、歯の浮くような甘いセリフに、木漏れ日のように笑ってくれることを信じて。





***************

ティルナ、連れて行きたいデートコースをたくさん見つけたんだ。

今度帰ったときは、無理にでも付き合ってもらうよ。君と行きたいところが多すぎて、本当に困ってしまう。


旅の想い出もたくさん用意した。


君に逢うのがとても楽しみだ。


そのときはどうか笑顔で迎えて欲しい。




僕の大切な人、ティルナ

ルグオーツより

***************









「星の夜にはあふれる嘘を」第1弾完了です

狼陛下の単行本2巻に収録されています。

ティルナの悲しみを取り除くためにわざとついた嘘に、最後は泣かされてしまいました。
こんな嘘なら、ミケはいつでも大歓迎です(笑)

最後までお付き合いいただけたことに感謝
気が向いたらまた書きたいです。




スポンサーサイト
09:36  |  星の夜にはあふれる嘘を  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。