09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.17 (Mon)

感想の小部屋~第3話

感想の小部屋第3話です。
ああ!もうどんどん感想が長くなる……もうマジックです。


第3話


初カラーです夕鈴めっちゃ可愛いですね~狼陛下とのツーショットもしっくりと見慣れてきた第3話の見どころは、3点あります。

最初のお話の冒頭はプロローグから始まります。
冷酷非情な狼陛下は、実は子犬のような本性を持ち、そんな彼の唯一の妃は、実は縁談よけのために雇われた臨時花嫁である。連載始まってしばらくは、この説明で始まります。

今回も冒頭から怖い狼陛下が登場し、さらには甘い夫婦演技もみせてくれてます(きゃっ)何度読み返してもいいですね~。

財政難で金銭的に困り切っている王宮ですが、後宮へあげたばかりの妃へプレゼントのひとつもないと不憫だと思ったのでしょうか…?それとも、妃の寵愛を披露するつもりか分かりませんが、異国の商人より金銀宝珠の細工物が夕鈴へプレゼントされます。

陛下からの初めてのプレゼントなので可愛く着飾って欲しいところなんですが、きらきらの髪飾りに引け目を感じた夕鈴はなかなか着用しません。そんななか、柔らかな物腰でソフトな感じの異国の商人さんが夕鈴にぜひ使って欲しいと、髪飾りを贈ります。

この頃はまだ商人に対してなんの疑惑を持っていません。が、この商人、のちのち面倒なことを引き起こしてくれます。

陛下をお茶に誘うため後宮の陛下の部屋へと向かう夕鈴。
出迎えた陛下は――――!!ここで注目点①です。なんと少し露出気味の陛下登場です

着物一枚のみを身に纏い、鎖骨から胸板にかけて結構見せてます。ドキッとしてる夕鈴可愛いです。目のやり場に困るって…どんだけ初々しいの!と思いました(笑)

自室で仕事中の陛下。膨大な仕事量にお手伝いを願い出る夕鈴。しかし、「大丈夫だよ」とさらりと一言。きっと陛下の本心としては、夕鈴に政治へ関わらせたくないと思ってるんでしょうが、夕鈴は少しショックを受けます。

―――そういえば陛下って、私相手にあんまり仕事の話ってしないな。
王宮は敵ばっかで、隙を見せられない王様。…私が本物の妃だったら、もっと色々話してくれたりするのかな…。偽物の妃は、役立たずだわ―――。

と、うつむき目線で思う夕鈴。
もっと色々話してくれたりするのかな…これは、もっと色々話してほしいということでしょう。そして役立たずの偽物妃である自分を、少し責めているように感じます。

まだまだ陛下への思いに気付いていない頃ですが、彼の役に立ちたいと思うようになっているんでしょうね。微笑ましいです☆

お仕事中陛下を見て気づいたことが。ここで陛下の両利き疑惑が浮上です。たぶん両利きなんでしょうね。どうやら、剣を持つのは右手で、筆や箸を持つのは左手のようです。両利きとはさすが王様です!いかにも陛下らしい。ピンチのときは両刀で戦ったりするんでしょうか?そんな陛下も見てみたいところですね♪

陛下の仕事がひと段落ついたので、お茶を囲って談笑するふたり。目ざとい陛下は、夕鈴の髪に挿してあるいつもとは違うかんざしを指摘します。商人からのおまけで…という夕鈴の返答に、ここで狼陛下が降臨。冒頭の登場を除いてやっとですね、待ちかねました。

この後が、注目点②ですよ

「商人も随分軽率な真似をする。今後の出入りは控えさせようか」

と嫉妬心を露わにして、夕鈴の髪からかんざしを抜き取り、彼女の唇に寄せる陛下。ちょっとこの自然な動きがエロいです陛下!(笑)夕鈴じゃなくても悶絶ですよ!

「え!?だってこんなの商売的な作戦で、他に意味は…」

「かばうようなことでもあったのかと、疑いたくなるんだ」

あ~黒い…黒陛下です。なんて素敵なんでしょう。狼演技でそれをやられては刺激が強すぎるってもんですよ。
案の定夕鈴は激怒します。顔を真っ赤にして、「物もらっただけで失礼です!陛下のバカ!」と脱兎のごとく逃げ去る夕鈴。ってか夕鈴、どんだけ陛下のことバカ呼ばわりしてるんだって思いました。確か第1話でもバカ!って叫んでいましたね。度胸のある娘です。
根が素直なんだね…とさらりと許してる陛下はもっとすごいです。心の広い方ですね、もちろん夕鈴限定ですが。
ここで一番好きな陛下の顔が登場します。

「ほどほどにしてくださいよ。彼女はそのうち帰る人なんですからね…」という李順の言葉に対しての陛下の顔。
これは!まったく帰す気ないだろう!という顔でした。やっぱり狼陛下ですね。

陛下と喧嘩中。陛下の呼び出しで後宮の外へ向かう夕鈴。だが待っていたのは陛下ではなく、異国の商人で…。
異国の商人は妃の命を狙う刺客だったんですが、最後は陛下が助けてくれます。
事件解決後、陛下からのプレゼントを髪につける夕鈴の姿が見れます。とっても可愛いですよ☆注目点③ですね

「夕鈴。それね、ずっと妃でいれば、“夕鈴の物”だよ」

と不敵な笑みを浮かべる陛下で、第3話終了です。

ってか、やっぱり帰す気なし!なんですね、あなた。最初から逃がす気はないって感じでしたけど…こうあからさまだと読者には嬉しすぎるというか…。確実に少女漫画の萌えポイントをついてくるところが、さすがですね~。

陛下が夕鈴に思っている気持ちなんですが、このときはまだ恋心には芽生えていないような気がします。まだ“お気に入り”の段階ではないかと。今後に期待です。

おさらいしますと、第3話の注目点①は、露出陛下。②は嫉妬するちょっとエロい陛下。③はプレゼントを身に纏う可愛い夕鈴、でした~。もちろん他にも注目するところはいっぱいありましたよ♪ぜひ読み返してみてください。

最後までお付き合いありがとうございました




23:55  |  感想の小部屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mike3aoi.blog134.fc2.com/tb.php/104-b11aa4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。