05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.02 (Mon)

思いの痕跡

「思いの痕跡」


夕鈴目線です。
可愛らしくシンプルにまとめるつもりが…いろいろな思惑に阻まれて長くなってしまった(笑)


ではどうぞ。







「夕鈴」

嬉しそうな笑顔で私の名を呼ぶ陛下。

政務室で臣下の前で見せる、あの冷酷で非情な顔など全く表には出さずに。


私は、いつも完璧に狼陛下を演じている陛下に感心する。

でも、妃を呼ぶときは本当に甘く優しく笑うから…演技と本当の境目が曖昧で、ときどき…勘違いしそうになる。


嘘が上手で、隠し事も上手、ついでに言うと人をからかうのも好きみたい。

陛下の本当の性格を知らない者たちばかりの王宮で、唯一私だけに向ける甘い笑顔と仕草にドキドキが止まらない。


あぁ…本当に困ってしまう。



妃として人前に立ち、陛下の傍らで笑顔を浮かべ、平静を保ちながら妃演技をする私。

本当は人を騙すのもお芝居するのも苦手だけど…
敵ばっかりのあなたの味方でありたいと願うから、ときどき見せる悲しそうな表情をすぐに隠して欲しくないから、たとえ偽の妃でもその心の内の断片だけでも見せて欲しいから。


だから私は演じ続ける、狼陛下の花嫁を。



陛下…あなたの花嫁を初めてから、日に日に濃くなる思いの痕跡が私の心を捕らえて離さない。

これ以上近づいては、これ以上触れてはダメなこと、私自身でよく分かっているはずなのに、それでも自分で自分が止められない。


あなたへ向かう気持ちが止められない。









今日も陛下は私に笑う。私の名を呼ぶ。狼陛下の唯一の寵妃に対して、甘く優しく。

私はいつまで見続けることが出来るのだろうか。

そんな日がいつまでも続けばいいと願ってしまうのは、きっとずるいあなたのせい。










二次小説第7弾

小説というか、詩のようになってしまいました。

あなたへ向かう気持ちが止められない…なんて、陛下が知ったらとても喜ぶでしょうね(笑)


15:30  |  夕鈴片思い編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mike3aoi.blog134.fc2.com/tb.php/12-5b5c457c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。