FC2ブログ

03月≪ 2019年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.31 (Sat)

四季

四季

陛下目線で短文。
夕鈴はイベント好きそうだなぁ、と(*^^*)

ではどうぞ。

【More・・・】


「夕鈴、何してるの?」

仕事を終えて帰宅後、彼女の部屋でもたなされていた時。何やら工作を始め出した夕鈴に僕は声を掛ける。

「すみません、もうあまり日が無くて…こんな時に準備することをお許しください」

「準備?」

夕鈴は、白いお面に筆で何かを描いていた。いつになく真剣な表情に何事かと歩み寄る。

「それ何?」

覗き込んで確認するも何か分からない。

「すみません陛下。今たいへん重要な場所を…」

夕鈴は作業に集中していたため、気もそぞろの返事だ。仕方なく元通り席につく。夕鈴が変わっているのはいつものことだ。ただ今夜はいつも以上に激務の後で、疲労困憊していた。あの可愛らしい笑みを僕だけに向けておいて欲しかったものだ…僕はお茶をすすりながら、夕鈴の横顔を見てため息をついた。

作業が終了する頃には、僕はうつらうつらと眠りについていたようで、しばらく夕鈴の呼び掛けに気付かなかった。差し伸ばされた腕を無意識に掴み、腰に腕を回し抱き寄せたところで、頭をはたかれその衝撃ではっきりと目が覚めた。

「あれ?」

「陛下、寝ぼけないでください」

夕鈴の赤い顔が目の前にあって、僕はまばたきを繰り返した。

「あー寝ちゃってた…」

無邪気に笑い掛けるが、夕鈴の強張った身体から力が抜けることはない。不審者を見るような目を向けてくるのは、日頃の行いのせいだろうか…。マイナスの思考に一旦蓋をして、腕を解いた。

「ごめんね、作業は終わったの?」

「すみません、放ったらかしにして」

夕鈴は詫びながら、卓の上の仮面を掴み僕に見せた。

「すごい、迫力あるね」

頑張って描いたのだろう…素晴らしい出来ばえだ。

僕の素直な褒めに、夕鈴は照れ笑いを浮かべた。

鬼だ。鬼の仮面。
ギョロリと大きな目、釣り上がった太い眉、奇妙に変形した口角、色素のない唇。

「そうか…もうそんな時期だったね」

季節は、もう冬の終わり。
君と過ごす何度目かの冬も、終わりを告げていた。


「明日が楽しみですね」

「そうだね」

若干寂しさを感じるのは僕だけ?

君の優しい笑顔の奥に、僕との思い出が色褪せることなく残り続けて欲しい…そう望むのは、僕のわがまま?

ねぇ、夕鈴。
冬が終わり、春が来て、春が終わり夏が来て、秋が来て、また冬が巡る。
あと何度、同じ季節を共に過ごせるのだろうか。






「ほーら、鬼は外!」

「待てーー」

きゃーきゃーと妃の笑い声が、後宮に響く。

「ちょっお妃ちゃん、手加減、わ!」

ばらまかれた豆に滑り、派手に廊下を転んだ浩大が視線の先に居る。

「もう少しで退治よ!」

「待っタイム!前が見えないよ。」

「お面を取っちゃダメよ!!」

叫びながら豆をひとまき。鬼のお面が豆を弾く。

「今のうち。ほら、陛下も!」

手を差し伸べる夕鈴。長い着物の袂で汗を拭う姿が眩しい。

きらきらきらきら…彼女は輝いている。



無機質な空間が、色を…形を持つ。
鮮やかに、君が見せてくれた輝きと温もりは、いつまでも僕の胸に残り続ける。

あぁ、やはり。君が好き。

この先も、僕の隣に居るのは君じゃないとダメだ。


この気持ち、伝えることは出来るのかな。
そのとき、季節はいつ頃だろう。

春が過ぎる頃だろうか。
うだるような暑い夏か。
木の葉揺れる陽だまりの秋か。
それとも、また巡ってくる冬。


いつでもいい。

君がそばに居てくれるのなら。







二次小説第80弾完了
テーマは節分。もうすぐですね。鬼役の浩大お疲れ様でした。
楽しいイベントのはずが、かなりしんみり…と。
まだまだ春は遠し。陛下、がんばれ。
最近、原作の展開に悶えております!あ〜キュン死しそう…(笑)


21:53  |  日常編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mike3aoi.blog134.fc2.com/tb.php/134-a2f6ac93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。