FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.13 (Sat)

花の唄Ⅱ

Ⅰのつづきです。








「妃の歌声とは…実に甘いんだな。知らなかった」

陛下と李順以外誰もいない政務室に、陛下の呟きが流れた。李順は耳にしながらも、作業の手を止めることはない。陛下はそんな態度を気にすることなく続けて語る。


「毎夜、顔を赤く染めて私のためだけに歌う妃なんて、夕鈴だけだな」

ほくほくと穏やかな笑顔で呟く。それはまるで恋し焦がれているようで…。仲良し夫婦を演じろとは言ったが、そこまで妃に首ったけの表情はいらない。
政務室ではめったに見られない稀な王の姿に、李順は驚く一方で、なんとも形容しがたい顔を浮かべた。


「でも、下手なのでしょう?」

「そんなことないよ。夕鈴はものすごく下手くそだと言うが、案外そうでもない」

「なるほど。練習されているようで結構です。青凱の宴までそうそう日もありませんから。しかし、あまり練習させすぎて、本番声が枯れるなんてことにはならないように、くれぐれもお願いしますよ」

「そのときはそのときだ。別に夕鈴に歌わせなくてもいいだろう」

出来ることなら独り占めしたい…ぼそりと囁いた最後の言葉は、李順の耳には届いていない。というか、むしろ受け入れることを拒否していたのかもしれないが。


「良くありませんよ。寧先生もお呼びしているんです。今回の催しで一体いくらつぎ込んだと思ってるんですか?」

「それ、何度も夕鈴の前で連呼するなよ。夕鈴をこれ以上悩ませるな…」

「図太いので大丈夫でしょう」

どこかで以前聞いたようなセリフに、陛下は眉をしかめた。否定はしないが、仮でも自分の妃をけなすのは聞き捨てられない。


「繊細だよ、夕鈴は。お前は知らないだけだ」

「では陛下は知っているとでも?夕鈴殿に関わっている時間はそれほど変わらないかと思いますが。特に最近、激務のあなたよりも逢っている時間は多いですよ」

陛下を諌めるつもりで言った言葉だったが、狼の表情が冷たく揺れ動く様を合間見て、李順は後悔した。


「私に許可なく妃に逢うのを禁じようか…」

非情な声が室内に響く。まるで室内の温度が下がったかのように、ひんやりとした空気が李順を纏う。臨時花嫁に許可なく逢ったぐらいで、職を解かれるなんて冗談ではない。


「そ、そんなことよりも次の奏上を。今日も夕鈴殿の練習にお付き合いなさるのでしょう?」

差し出された奏上を乱雑に受け取ると、陛下は仕事モードの表情に変える。
慣れたとはいえ…狼陛下は心臓に悪い。李順はほっと息を吐くと、奏上を読み上げた。















「あ…あーあー。やっぱりこの先は上手く歌えない…」

「大丈夫、大丈夫。リラックスして夕鈴」

陛下がぽんぽんと夕鈴の肩を叩く。

長椅子に座って笑顔を向ける陛下に対面する形で、夕鈴は歌の練習をしていた。練習が始まって小一刻ほど。さきほどから歌声は途中で止まったままである。
同じところを繰り返し繰り返し飽きもせずに練習していたが、そこから先はいっこうに進んでいなかった。


「ここ、寧先生からも何度の教えてもらったのに……。私…やっぱり歌えないんですよ」

今日何度目かの夕鈴の落ち込みタイムが始まった。
陛下は慣れた様子で夕鈴に笑顔を向けると、「大丈夫だよ」とか、「上手いよ」とか励ましの言葉を放つ。


「自信を持って、夕鈴。そこさえ歌えれば完璧だよ」

「どこが…完璧なんですか…」

本格的に落ち込みだしたようだ。陛下は夕鈴の気分を変えるために、とにかく明るくふるまった。


「夕鈴。休憩しよう。お茶を入れてあげるよ」

「……」

夕鈴はため息交じりの返事をして、ばたばたと準備し始める陛下の後ろ姿をぼんやり眺める。

夫が妻をかいがいしく世話する図ってこんなんかしら…?………じゃなくて!
夕鈴は慌てて立ち上がると、陛下の後を追う。陛下を普通の夫と同じと思ったら大間違い。畏れ多くも国王陛下にお茶を入れさせるなんて…李順が知ったらどんな嫌味を浴びせられるか。

追いついた陛下にそんな風に言うと、黙ってれば大丈夫だよ…と舌をぺろりと出して笑い飛ばされた。


「いえ、そういう問題じゃなく」

「僕は夕鈴のために何か少しでも役に立ちたいんだよ」

役に立ちたい…陛下の言葉に思わず涙が浮かびそうになるのは、どん底まで落ち込みすぎた弱い心のせいか。
夕鈴は涙を溜めた瞳で陛下を見つめる。途端に心配の色を濃くした瞳で、陛下が抱き締めてきた。


「夕鈴。そんなに落ち込むことじゃないよ」

「あっすみません。泣くつもりはなかったんですけど…」

陛下の行為に驚いて腕を押し退けようとするが、またしても手強い腕に阻まれ身動きできない。


「夕鈴の泣いている姿は可愛すぎる。ふいうちで泣かないで」

え?なんなのそれ…慰めてくれていたんじゃないの?もしかして…また意地悪!?

セクハラ陛下に大声を上げて抗議したかったが、喉が痛くて声が出ない。陛下の広い胸に顔を埋めて、夕鈴はひとつ咳き込んだ。


「今日の練習はこれぐらいにしよう。君の喉も心配だし…」

「でも…」

「大丈夫、夕鈴。君の歌声は素晴らしい」

大きな腕の中で慰められるのって心地いい…じゃない!何考えているのよ、夕鈴。
夕鈴は弱り切った心を奮い立たせて、陛下を見据えた。


「ちょっと休憩したら、練習します」

「うん。頑張り屋さんの夕鈴のために僕も付き合うよ」

優しく言葉を掛けてくれる陛下に、夕鈴はほっと息を吐いた。























迎えた青凱の宴当日。

夕鈴はいつもよりも華美な衣装に身を包み、玉座の横、陛下の隣に鎮座し、宴に参加していた。
それぞれの家唄を披露する家長の息子や娘の歌声は、どの家も素晴らしく美しく上手く聞こえる。
あぁ…やっぱりどの家もすごい。夕鈴は本格的に逃げ出したい気持ちと戦いながら、大人しく出番を待つ。

狼陛下唯一の妃である夕鈴は、宴の最後を務めることになっていた。


「妃よ。そのように緊張せぬとも良い。みな、心配して見ているぞ…」

陛下の声に夕鈴ははっとして視線を上げた。気づかなかったが、夕鈴の固まった表情に、陛下をはじめ宴に参列する貴族たちに心配を掛けてしまっていたようだ。
夕鈴は懸命にお妃笑顔を浮かべると、ほがらかに笑って見せる。そばに控える侍女たちがほっと息を吐く声が聞こえてきそうで、夕鈴は申し訳なくなった。

しまった。今日は陛下主催の催し。妃である私が、浮かない表情でいるわけにはいかない。


「皆様の歌に聞き惚れておりました。どの方もとても素晴らしくて…」

夕鈴は控え目に答える。
嘘は言っていないが、歌声などほとんど耳にも入らなかったので大げさには言えない。

陛下は何も言わず、膝の上で重ねられた夕鈴の手をぎゅっと握り締めた。そして卓に広げられた甘露をひとつ手に取ると、食べよ…と夕鈴に差し出す。


「ありがとうございます」

狼陛下が人前で、誰かに気を遣う様子があまりにも珍しかったのだろう、居並ぶ貴族を始めいつも見慣れているはずの侍女でさえも、ふたりのやり取りを食い入るように見つめていた。

こんなことで注目を浴びているなんて不思議…夕鈴は与えられた甘露を口に含みながら苦笑する。

口内を満たす甘い香りに、夕鈴の心が少し晴れた。
あんなに練習したんだもの…陛下や寧先生に励まされて、やっとここまで来たんだもの…。

自然と緊張がほぐれた夕鈴は、寧先生に先導されて舞台に上がる。去り際にがんばって…と子犬の声援が聞こえたような気がして、夕鈴はくすり…と笑った。

私は、歌は上手くないけれど、陛下のために心を込めて…精一杯歌おう。

胸に手を添えてひとつ深呼吸をすると、夕鈴は顔を上げた。
寧先生の美しい二胡が奏でられる。


歌うのは、花の唄。

どこまでも澄み、美しく彩り…誰かを思い甘美に響く。
















宴は大成功に終わった。

大きな仕事をひとつやり終えた夕鈴は、しばらく放心状態で天を仰いでいた。宴が終わり、それぞれ帰路に着く貴族たちを見送ったことも記憶にないほど。後で聞いた話では、妃笑顔を最後まで絶やさず陛下のそばに立っていたそうだ。
結局、夕鈴がはっきりと気が付いたのは、すっかり宴の余韻の冷めた王宮。満足気にそばに控える側近と、嬉しそうに笑顔を浮かべる寧先生、そしてまだまだ狼陛下を演じ続けている陛下に囲まれているときだった。


「お妃さま。本当に素晴らしい歌声でした」

「あ、ありがとうございます、寧先生」

夕鈴は照れ笑いを浮かべて答えた。どうやら上手くいったようだ…やっと解放された夕鈴は、歌う前からずっと硬直していた膝から力を抜いて、椅子に腰掛けた。


「素晴らしい宴です。みな、満足して帰られました」

珍しく笑顔を浮かべる李順の様子を見て、夕鈴の全身から力が抜ける。血の滲むような特訓も、自らの歌声に嘆いていたあの日々も、全部無駄ではなかったということ。
夕鈴は久方ぶりに心から笑顔を向けた。


「夕鈴。今宵は疲れたであろう?早く休むがいい」

肩を優しく抱く陛下。陛下が私に向ける労りの言葉は、誰よりも柔らかく響いた。


「はい…」

「わたくし、お妃さまの重労に気づかず、長居をして申し訳ありませぬ」

私たちの会話に、寧先生が慌てて立ち上がった。


「寧先生。本当にありがとうございました。先生がいらっしゃらなければ、私あんなにがんばれなかったです」

「まぁ…なんてもったいないお言葉。お妃さまの努力の賜物ですわ。わたくし、伴奏をお勤めできて誇りに思います」

寧先生が涙を浮かべて答えた。まるでそれは、寸暇を惜しんで育てあげた雛鳥が、立派に旅立ったかのように…肩を震わせ泣く先生を見て、夕鈴の胸が熱くなった。
音楽に明るい方は、人柄にも明るいのね…夕鈴は今までの感謝の気持ちを込めて、寧先生と握手した。










風が通り過ぎる四阿に、澄んだ歌声が響く。
誰かのために心を込めて、大切に言葉が紡がれていく。

歌の主の瞳に映るのは、柔らかく笑う青年の姿。月光を受けて白く輝く姿に見とれながら、穏やかに、優しく流れるのは、愛しい人への思い。


今宵も白陽国では妃の歌声が響く。


かの優しい人を思って響く、花の唄。









二次小説第31弾完了です
今回のテーマは歌。夕鈴が陛下のために歌うのって素敵!!どーせならみんなの前で歌わせてやろう、と思い書きました。結果的に、最後は愛しい人のために歌う夕鈴の図で終わっています。ここではちょっと両想いですね♪(陛下、良かったね!)
夕鈴の歌の先生であり二胡奏者の寧(ねい)先生。初登場のオリキャラですが、名前がお気に入りです☆
長文にお付き合いありがとうございました


00:28  |  イベント編(王宮)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mike3aoi.blog134.fc2.com/tb.php/51-7e8a15f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。